王振

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王振(おう しん、拼音: Wáng Zhèn ワンジン、生年不詳 - 1449年)は、明代宦官英宗の下で政治を壟断したが、土木の変で戦死した。

蔚州(河北省蔚県)の出身。宦官を養成する機関である内書堂の出身で、学識が高く、宣徳年間に皇太子(後の英宗)の教育を担当したため、英宗即位後に司礼監の長である掌仰太監となり、文書の改竄などの専横な行動をとった。正統7年(1442年)に英宗の祖母に当たる太皇太后張氏が没し、さらに宣徳年間以来の朝廷の有力者であった楊栄楊士奇楊溥の3人が死んだり引退したりすると、ますます権勢を強め、収賄によって財産を蓄え、錦衣衛を掌握して反対者を弾圧した。当時、宦官ゆえに髭がない王振に阿諛して「閣下に髭がないのにどうして私ごときが髭をたくわえられましょう」と自分が髭を伸ばさない理由を述べた侍郎がいたという(三田村泰助「明帝国と倭寇」中公文庫P223)。

正統14年(1449年)にオイラト山西に侵入すると、英宗に親征を勧め、自らも従軍した。しかし、大同まで進軍したところでオイラト軍の予想外の強さに撤退する途中、土木堡(現在の河北省張家口市懐来県)で明軍は大敗を喫し、英宗は捕虜となり、王振は戦死した(土木の変)。いくつかの記録によると専横により恨みを買っていた王振は、配下の将官・樊忠によって乱戦のどさくさにまぎれ瓜(型の鉄球をつけた棍棒)で撲殺されたという。

土木の変後、王振の一族は罰せられ、財産も没収された。