王承 (晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王承(おう しょう、生没年不詳)は、中国晋代官僚・名望家。は安期。本貫太原郡晋陽県

経歴[編集]

王湛の子として生まれた。欲が少なく、言葉を飾らない性格で、若くして名を知られた。王衍は王承を高く評価して、楽広と並ぶ人物とみなした。301年永寧元年)、王承は常山王司馬乂の下で驃騎参軍となった。八王の乱が激化すると、王承は難を避けるために南下した。東海王司馬越の下で司空従事中郎となった。306年光熙元年)、恵帝長安から洛陽に迎えるのに参与し、藍田県侯の爵位を受けた。尚書郎とされたが、就任しなかった。307年永嘉元年)、司馬越が許昌に出向すると、王承はその下で記室参軍となった。司馬越に重んじられ、その府にあること数年、母が老齢であることを理由に離職を求めたが、許可されなかった。長らくを経て、東海郡太守として出向した。細事にこだわらない寛容な統治をおこない、池の魚を盗んだ小吏を赦した挿話で知られた。

ほどなく官を去り、長江を渡って建業に入ると、琅邪王司馬睿の下で鎮東府従事中郎となり、礼遇を受けた。名望においては、王導周顗庾亮ら南渡の名臣たちを上回って、中興第一とされた。46歳で死去した。

子の王述が後を嗣いだ。

伝記資料[編集]