王導

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 導(おう どう、咸寧2年(276年) - 咸康5年7月18日[1]339年9月7日))は、中国晋代政治家茂弘西晋及び東晋に仕え、彼の働きによって琅邪王氏六朝時代南朝を代表する名門貴族となった。王覧の孫で王裁の子。王悦王恬王洽王協王劭王薈などの父。東晋の大将軍王敦は従兄、書家王羲之従甥に当たる。

生涯[編集]

西晋時代は琅邪王司馬睿に仕え、近い将来に晋が滅びる事を予測し、洛陽から建康に移るように進言し、307年に建康に移った。

永嘉の乱が起こり、劉淵の立てたによって西晋は攻撃を受ける。劉淵の後を継いだ劉聡は洛陽を攻め落とし、懐帝は捕らえられ、晋の皇族の大半は殺されてしまう。313年に懐帝が殺されると、長安に落ち延びた司馬鄴が即位するが劉曜に攻められ、316年に捕らえられ一族もろとも翌年に殺されてしまう。その際江南に逃れており、これらの災難から逃れる事が出来た数少ない皇族の一人である司馬睿は、317年に王導の後見で元帝として即位する。これが東晋の始まりである。

王導は東晋の宰相として、顧栄賀循紀瞻庾亮卞壼諸葛恢干宝郭璞などの人材を元帝に推薦した。「百六掾」と呼ばれるこれら百余人の属官達は、華北から逃れてきた貴族と江南の豪族とで構成されており、王導は利害の異なるこれらの人々を配下に集めることで彼らの対立を取りまとめ、これによって東晋の政権基盤を安定させようと考えた。一方、従兄の王敦に兵を与えて長江中流域を制圧することに成功する。

しかし、元帝は政治・軍事の両面で、琅邪王氏の存在が大きくなることを警戒するようになり、劉隗刁協らを重用して、王導の政治力を排除しようとした。322年、大将軍となっていた王敦は元帝のこのような動きに不満を持ち、劉隗・刁協の打倒を名目に武昌で挙兵した(王敦の乱)。この時、首都建康にいた王導は、劉隗により反乱者の同族として処刑されかけるが、周顗の取りなしにより事なきを得ている。同年、元帝は死去して明帝が即位し、324年蘇峻らによって王敦の反乱は鎮圧されるが、王導は失脚することなく政治を執り続けた。

325年、明帝が死去し成帝が即位すると、王導は司徒として中書令の庾亮と共に政治を任されることになった。成帝の外戚であった庾亮は、当時王導をしのぐ権勢を誇り、北来の貴族と江南土着の豪族との間のバランスを重視する王導の政治方針に変えて、厳格な法治主義によって皇帝の権威を強化しようと考えるが、327年、蘇峻が庾亮打倒を名目に反乱を起こす事態を招いてしまう(蘇峻の乱)。329年陶侃郗鑒らによって反乱が鎮圧されると、庾亮は中書令を辞して地方に鎮したので、再び王導が単独で政治を執ることになった。

後に庾亮は王導の施政が寛厚すぎるとして、挙兵して王導を廃そうと考えたが、郗鑒の賛同が得られず挙兵を思いとどまった。ある者がそのことを王導に伝えたが、王導は「自分と庾亮は、国家のために喜憂をともにしている。だからもし彼が自分を不義不忠の者として攻めてくるのなら、自分は潔く官を辞して隠居しよう。何も恐れることはない」と語ったという。

339年に64歳で死去し、丞相を追贈された。

後世、東晋の簡文帝が危篤の際に、禅譲を迫ろうとした桓温に対し「諸葛亮や王導のようになれ」と皇帝を補佐した忠臣として引き合いに出したという。

伝記資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 資治通鑑』巻第九十六

関連項目[編集]