王家テイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「王家楨」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
王家楨
Wang Jiazhen2.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1899年光緒15年)[1]
死去: 1984年12月28日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 吉林将軍管轄区阿勒楚喀副都統管轄区双城堡[2]
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 王家禎
簡体字 王家祯
拼音 Wáng Jiāzhēn
和名表記: おう かてい
発音転記: ワン ジアジェン
ラテン字 Wang Chia-chen
英語名 C. C. Wang
テンプレートを表示

王 家楨(おう かてい)は中華民国中華人民共和国の政治家・外交官。初めは北京政府直隷派奉天派の政治家で、国民政府では張学良の配下として外交畑で活動している。樹人。民国時代の政治家・莫徳恵の甥。

事績[編集]

張父子の配下として[編集]

王家楨別影(『最新支那要人伝』1941年)

国立北京大学法科を卒業後、日本に留学して慶應義塾大学理財科で学ぶ。卒業後に帰国し、北京政府交通部法律編輯局書記官となる。孫文(孫中山)が護法運動を開始すると、南下してこれに参加し、広州大元帥府秘書となる。しかし、後に北京政府に戻って直隷派呉佩孚の秘書となり、日本との連絡役をつとめた。呉が失脚した後は、莫徳恵の甥という関係を利用して奉天派張作霖に付き、大元帥秘書、外交部秘書をつとめた。[3][4]

張作霖死後、張学良が後継すると、王家楨は引き続きその配下となる。張学良の易幟後に、東北辺防軍司令長官公署外交機要処主任に任ぜられた。1930年(民国19年)4月、国民政府で王は外交部常務次長に抜擢され、さらに外交部特派威海衛接収専員、日本租界回収委員会委員長もつとめている。翌年、満州事変(九・一八事変)で張学良が失脚すると、王も同様に要職から離れた。[3][5][4]

国民政府、中華人民共和国での活動[編集]

しかし、まもなく王家楨は国民政府に復帰し、外交部顧問、国際連盟代表、中央政治委員会外交委員会委員を歴任した。1934年(民国23年)10月、軍事委員会委員長東北行営経済委員会委員に任ぜられる。翌年5月、監察院監察委員になり、1937年(民国26年)5月には国民政府主席東北行轅政務委員会委員に任ぜられたが、同月にただちに罷免された。翌1938年(民国27年)6月、第1期国民参政会参政員となる(第2期でも就任)。以後、蒋介石政権において対日外交の「ブレーン・トラスト」と目された。[3][5][4]

1945年(民国34年)、王家楨は中国代表団顧問として、サンフランシスコで開催された国際連合成立式典に出席する。日中戦争(抗日戦争)終結後、東北生産管理局局長、東北政務委員会常務委員を歴任した。蒋介石からの台湾行きの命令を拒否し、中華人民共和国建国後も大陸に留まる。以後、中国人民外交学会に所属したほか、中国国民党革命委員会(民革)中央委員となり、第2期から第6期で中国人民政治協商会議全国委員会委員をつとめた。1984年12月28日北京市にて死去。享年86。[3][5]

田中上奏文入手者との説[編集]

王家楨は、いわゆる「田中上奏文」を入手した人物として言及されることがある。ただし、中国側へどのように上奏文が伝播したかについては諸説存在する(詳細は「田中上奏文#田中上奏文の来歴」を参照)。

[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、138頁と劉主編(2005)、209頁による。『双城県志』は1897年とする。
  2. ^ 現在は黒竜江省の所管。
  3. ^ a b c d 徐主編(2007)、138頁。
  4. ^ a b c 東亜問題調査会編(1941)、10頁。
  5. ^ a b c 劉主編(2005)、209頁。

参考文献[編集]