王位継承法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王位継承法(おういけいしょうほう、: Act of Settlement)は、イギリス王位継承について定めた法で、イギリスの憲法を構成する法典の一つである。歴史上何度か制定・改定されているが、特に言及されることが多いのは1701年権利章典を改正して成立した王位継承法である。本項では以下、この1701年の王位継承法について説明する。

概要[編集]

1701年当時のイングランド王兼スコットランド王であるウィリアム3世には嗣子がなく、義妹アンジョージ夫妻の子らが王位を継ぐことが期待されていたが、彼女の子らがことごとく死亡し、アン以降の国王最有力候補がアンの異母弟でカトリックジェームズ老僣王となった。この老僣王の即位を阻むべく、王位継承法は制定された。

この法によって定められた主な条項は、以下の通りである。

成立の背景[編集]

これはジャコバイトの脅威が背景にあり、この王位継承法なくしてはアン女王の死後、名誉革命によって玉座を逐われたジェームズ2世の長男(アンの異母弟)ジェームズ老僣王に王位が移る可能性が強まったためである。この法によってカトリックを王位から締め出すと、カトリックが比較的多くステュアート家の発祥地であるスコットランドでは反発が起こり、スコットランド議会で1703年、スコットランドの王を自らで決するという安全保障法(the Act of Security)が成立した。これに対してイングランド側は交易の制限などの圧力をかけたため、スコットランドは経済的に追いつめられた。その結果、1707年連合法が成立して、スコットランド議会は自らの解散を宣言、イングランドとスコットランドの合同によりグレートブリテン王国が成立した。1714年にアン女王が死去すると、王位継承法によってゾフィーの長男、ハノーファー選帝侯ゲオルクがグレートブリテン王に迎えられ、ジョージ1世として即位した。

2011年の部分改正[編集]

現在もこの王位継承法は受け継がれているが、カトリックの王位継承禁止を撤廃すべきという意見は少なくなかった。また、他のヨーロッパの君主国では継承順位の男子優先を改める動きが第二次世界大戦後に進んだ。

イギリス政府は、2011年に王位継承法の部分改正の手続を開始した。具体的な改正内容は次の通りである。

  • カトリック信徒との結婚による王位継承権の喪失の条項の撤廃
  • 男子優先を改め、男女の別なく継承順位を出生順(長子先継)とする

ただし、この改正は遡及適用はされず、その時点での法定推定相続人であるチャールズ王太子の子孫にのみ適用される。

なお、改正に際してはイギリスの君主を自国の君主とする英連邦各国の承認を要する。

王位継承権が認められる範囲[編集]

この法律には人数制限や貴賤結婚の制限などはなく、上述の条件を満たしていれば、どれほど親等に隔たりがあっても王位継承権が認められる。そのため、エディンバラ公フィリップのように王位継承権第490位などという人物が世界中にいて、欧米のテレビや雑誌などで数百番台の人物がネタにされたり、半ば洒落で名刺に「イギリス王位継承権○○○位」などと記載している人物もいる。

脚注[編集]

  1. ^ サルデーニャ王カルロ・エマヌエーレ3世などが含まれる。なお、ジェームズ老僭王の血筋が断絶した後、ジャコバイトはカルロ・エマヌエーレ3世の子孫を王位継承権者とした(参照:ジャコバイト王位継承者の一覧)。
  2. ^ オルレアン公フィリップ2世以降のオルレアン家の人物、神聖ローマ皇帝フランツ1世とその血を引くハプスブルク=ロートリンゲン家の人物などが含まれる。
  3. ^ ポーランド王妃兼ザクセン選帝侯妃マリア・ヨーゼファとその血を引くザクセン選帝侯家(のちザクセン王家)の人物、神聖ローマ皇后兼バイエルン選帝侯妃マリア・アマーリエとその血を引くバイエルン選帝侯家の人物などが含まれる。なお、アマーリア・ヴィルヘルミーネは母がジョージ1世の母方の従姉であると同時に、自身がジョージ1世と父方の従姉弟の関係にある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]