王仁公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王仁公園
王仁公園入口(大阪府枚方市)
王仁公園入口
分類 総合公園
所在地
大阪府枚方市王仁公園1-1
座標 北緯34度49分2.4秒 東経135度42分24.9秒 / 北緯34.817333度 東経135.706917度 / 34.817333; 135.706917座標: 北緯34度49分2.4秒 東経135度42分24.9秒 / 北緯34.817333度 東経135.706917度 / 34.817333; 135.706917
面積 93,000m2
運営者 枚方市
設備・遊具 運動広場(夜間照明付グラウンド1面)、テニスコート4面、バレーボールコート2面、小グラウンド 、相撲場(土俵1面)、プール(50m競泳プール、流水プール、造波プール、幼児プール)
駐車場 あり(250台)無料
バリアフリー バリアフリー公衆トイレ
アクセス JR藤阪駅から北東へ約600m、枚方市駅南口から京阪バス バス停『藤阪』から約300m
事務所 王仁公園管理事務所
事務所所在地 大阪府枚方市王仁公園1-1
(公園出入り口から約80m)
公式サイト 王仁公園
テンプレートを表示

王仁公園 (わにこうえん)は、大阪府枚方市にある都市公園(総合公園)。

概要[編集]

伝王仁墓入口。大阪府指定史跡であることを示す石碑(大阪府枚方市)
枚方市伝王仁墓

枚方市東部方面に位置し、公園の東部(直線距離で約400m)に存する大阪府の指定文化財(史跡)伝王仁墓(でんわにはか)の人物名「王仁」が公園名の由来である。公園区域のみで単独の街区「王仁公園 」(郵便番号573-0154)を形成する[1]。面積は約9.3ヘクタール(93,000平方メートル)[2]。枚方市にある公園では山田池公園(約71.9ヘクタール)、ひらかたパーク(約15.9ヘクタール)に次ぐ面積で、枚方市が管理する公園の中では最も広い[2][3]。標高は出入り口で72m、園内の三等三角点「宮山(みややま)」で76.72m[4]

小高い場所に位置する天然林を切り開いて造られた公園であるため、府道736号線から公園入口までは高低差17m、約400mの上り坂が続く。公園内は車椅子での散策も可能であるが、公園入口からバレーコート及び大芝生広場にかけ、遊歩道の傾斜(最大高低差約12m)が強くなっている[4]

施設[編集]

プール(夏期)、テニスコート、バレーボールコート、運動広場の有料施設や芝生広場等の無料利用エリアがある[5]。運動広場のグラウンドには夜間照明が設置されている。プールを除く他の有料施設は市外利用者の料金が倍額になるが、枚方市内に在職・在学している場合は市内料金扱いとなる。

駐車場、駐輪場は無料。夏期、プール開催期間中は駐車場、駐輪場が混み合うため、公園の入口正面にある小グラウンドが臨時駐車場として使用され、公園内各所に臨時駐輪場が設置される。

またグラウンド・テニスコート・バレーボールコートを利用する場合は団体登録、個人登録のいずれかが必要。抽選予約終了後の空きテニスコートは個人登録なしでも使用可能[6]

公園内のビオトープは残存している天然林の区画である。

周辺の施設[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]