玉生城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

玉生城(たまにゅうじょう)は、下野国塩谷郡(現・栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生)にあった日本の城山城)。建長6年(1254年築城慶長2年(1597年)10月13日廃城

歴代城主[編集]

城主 生没年 城主の期間又は備考
玉生忠景(忠昌)[1] 生年月日不詳[2] - 弘長元年(1261年)11月1日没 建長6年(1254年) - 弘長元年(1261年)11月1日
玉生綱家 生没年不詳 弘長元年11月2日 - 不詳
玉生経綱[3] 生没年不詳 期間不詳
玉生勝富 生年月日不詳 - 建武3年(1336年)2月6日没 就任年不詳 - 建武3年(1336年)2月6日
玉生富高 生年月日不詳 - 貞治2年(1363年)6月17日没[4] 建武3年(1336年)2月7日 - 貞治2年(1363年)6月17日
玉生綱昌 生没年不詳 貞治2年(1363年)6月18日 - 不詳
玉生勝重 生没年不詳 期間不詳
玉生勝泰 生没年不詳 応永16年(1409年)に居城を宇都野城に移す。
玉生権太夫 生没年不詳 文安3年(1446年)に城主であった。[5][6]
神永右京亮 生没年不詳 大永3年(1523年)に城主であった。[6]
戸村兵部少輔 生没年不詳 天文7年(1538年)に城主であった。[6]
石下源兵衛[7] 生没年不詳 最後の城主とも言われる。少なくとも資料で確認される最後の城主である。

*玉生忠昌から勝泰までは、『塩谷町史』収録の「玉生氏系図」に拠る。

沿革[編集]

玉生氏初代の玉生忠景(忠昌)が建長6年(1254年)に築城した[8]。なお忠景が弘長年間に築城した説[9]もある。

塩谷朝業の曾孫・忠景が玉生氏を名乗り[10]下野国塩谷郡玉生の地に玉生城を築き[9]、玉生氏代々の居城となった。その後、玉生氏の勢力が拡大するとともに、応永16年(1409年)に時の当主勝泰が居城を宇都野城(鳩ヶ森城)に移すと、玉生城は、玉生氏の支城となった。

城は、宇都宮勢の北の守りの一つとして機能するが、慶長2年(1597年)10月13日に宇都宮氏が改易されると廃城となった。[8]

城郭遺構[編集]

高原山塊系の丘陵部東端に位置している。遺構の西側のみ峰続きだが、他の3方向は断崖となっている。最高部に主郭を擁した。現在主郭跡には伯耆根神社が奉られている。また山麓には根小屋の字名が残っており、そこに城主の居館が築かれていたと考えられている[8]

築城当初は、馬蹄形の地形である根小屋に一辺40~50mの規模で四方を堀で囲んだ程度の館城(平城)であり、詰め城の必要性が迫られる室町時代に入ってから、現在遺構が残る山城が築かれたと考えられている。[11]

参考文献[編集]

  • 塩谷町史(塩谷町刊行物)
  • 矢板市史編集委員会編 『矢板市史』矢板市、1981年。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「玉生氏系図」では塩谷周防守の三男「忠昌」となっており、のち「隆昌」と改めたとする。
  2. ^ 宇都宮氏の系図には享年が58とあり、これに基づくと、忠景の生年は元久元年(1204年)となるが、忠景の伯父に当たる塩谷泰朝の生年が建保2年(1214年)となっており時系列的に矛盾している。
  3. ^ 宇都宮泰綱の6男という(「玉生氏系図」)。
  4. ^ 「玉生氏系図」では貞治3年(1364年)と記されているが、富高が討死したとされる苦林野の戦いは貞治2年に起きており、系図の誤りであるとされている。(『塩谷町史 第2巻』「玉生氏系図」解説文)
  5. ^ 「宇都宮広巳文書」で玉生権太夫式部丞と表記されるが、玉生氏の誰なのかは不明である。年代的に見て、勝泰の次男泰忠であったとする説[要出典]、あるいは、宇都宮大明神社務職を務めた玉生綱家の弟忠家の子孫(代々「権太夫」を名乗った)とする説もあるが、定かではない。
  6. ^ a b c 「宇都宮広巳文書」(『塩谷町史 第2巻』117-123頁に収録)
  7. ^ 那須記の宇都宮国綱家臣という項目に玉生城主石於露志(いしおろし・石下)源兵衛として記されている。
  8. ^ a b c 『塩谷町史』第4巻
  9. ^ a b 平井聖〔ほか〕編 『日本城郭大系』新人物往来社、1979年。
  10. ^ 「玉生氏系図」(塩谷町史編さん委員会編『塩谷町史』第2巻中世資料編、塩谷町、1993年。収録)によれば、康平2年(1059年)8月に下野国宇都宮に下った藤原勝経により玉生氏が創始され、その5代後の子孫である玉生勝家の養子に、塩谷周防守の3男忠昌が入って玉生城を築城したとされるが、宇都宮氏や塩谷氏などの系図などでは、忠景が玉生氏の祖とされている。
  11. ^ 『塩谷町史』