獅子ケ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
獅子ケ城
佐賀県
三の丸南櫓の石垣
三の丸南櫓の石垣
別名 鹿家城、獅子城
城郭構造 山城
築城主 源披
築城年 治承年間
主な城主 源氏鶴田氏
廃城年 元和元年(1615年
遺構 曲輪石垣
指定文化財 県指定史跡
位置 北緯33度18分43.0秒
東経130度02分27.4秒
地図
獅子ケ城の位置(佐賀県内)
獅子ケ城
獅子ケ城

獅子ケ城(ししがじょう)、または鹿家城・獅子城は、佐賀県唐津市厳木町岩屋・浪瀬に存在した日本の城山城)。佐賀県指定史跡[1]

概要[編集]

松浦党源披治承年間(1177年~1181年)に築城したと伝えられる[2]

唐津市厳木町にある白山の山頂、標高228メートルに位置し、城の周囲は急な崖となっている。有明海玄界灘分水界に近く防衛の拠点となったが、息子の源持が平戸に移ったため廃された。

その後、天文年間(1532年~1555年)頃に松浦党の鶴田前が城主となり復興している。大友氏龍造寺氏後藤氏などの勢力の境界に位置し、天文13年(1544年)には龍造寺氏は攻撃したが失敗し、翌14年(1545年)には5日間占領したものの奪回されている。

永禄年間(1558年~1570年)には波多氏が数回にわたって来攻したが、撃退している。天正5年(1577年)に波多親が上松浦松浦党の首領となると、城主の鶴田賢はこれに服属した。やがて波多氏が追放されると文禄2年(1593年)に後藤氏の家臣となり、城は廃された。その後は寺沢広高が改修して石垣のある城となったが、元和元年(1615年)頃、再び廃城となったという。1991年(平成3年)3月30日に佐賀県の史跡に指定された[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]