献堂式序曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

献堂式序曲Ouvertüre „Die Weihe des Hauses“作品124は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲した序曲である。ベートーヴェンが、純粋管弦楽のために作曲した最後の作品にあたり、1820年代に書かれた唯一の序曲でもある。また祝典劇の『献堂式』も解説する。

概要[編集]

本作は1822年に、ウィーンに新築されたヨーゼフシュタット劇場こけら落としのために作曲された祝典劇の序曲である。劇場の支配人カール・フリードリヒ・ヘンスラー(Karl Friedrich Hensler)は作家のカール・マイスル(Karl Meisl, 1761 - 1825)に劇の制作を依頼し、マイスルが制作した作品は『侯爵の肖像』と『献堂式』の2作品であった。祝典劇の『献堂式』はかつてブタペストで上演された付随音楽アテネの廃墟』(コツェブー原作)を翻案することが決まったため、マイスルは内容を一部変更し、同時にベートーヴェンも劇の音楽を改作することとなった(ただし大半は『アテネの廃墟』からの転用であった)。この改作で生み出された作品が合唱曲(WoO.98)と本作の『献堂式序曲』である。

祝典劇の初演は1822年10月3日に、ウィーンのヨーゼフシュタット劇場でフランツ・グレーザーの指揮で行われた。また当日は皇帝フランツ・ヨーゼフ2世の命名祝日でもあった。

出版・献呈[編集]

  • 出版:1825年にマインツのショット社より出版。
  • 献呈:ニコラウス・ガリツィン侯爵。

序曲[編集]

マエストーソ・エ・ソステヌート(ハ長調、4分の4拍子)の序奏とアレグロ・コン・ブリオ(ハ長調、4分の4拍子)の主部で構成される。序奏は5和音の強奏によって開始され、木管による行進曲風の主題からトランペットによるファンファーレに続く。主部は2つの旋律を軸にした自由な二重フーガによって重厚に奏される。コーダは壮大なクライマックスで力強いハ音のユニゾンの上で終える。演奏時間は約10分ないし12分。

この序曲で二重フーガや対位法が用いられているが、これは当時ベートーヴェンがJ.S.バッハヘンデルらに強い関心を持っており、彼らに敬意を込める形で作品に投影しているといえる。

楽器編成[編集]

参考資料[編集]