猫の子守唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

猫の子守唄』(ねこのこもりうた、ロシア語: Колыбельныеフランス語: Berceuses du chat)は、イーゴリ・ストラヴィンスキー1915年から1916年に作曲した歌曲集。コントラルトと3本のクラリネット小クラリネット、クラリネットA管、バスクラリネット)のために作曲された4つの小曲から構成される。歌詞はロシア語で、1850年代のV・パセックによる「庶民の子守歌」という雑誌記事(後にキレーエフスキーの民謡集に収録)から取られたものだが[1]シャルル=フェルディナン・ラミューズによるフランス語の訳詞の方が有名である。

なお『猫の子守唄』という題はフランス語訳に由来し、ロシア語の題は単に『子守歌』である。

概要[編集]

『猫の子守唄』は『プリバウトキ』(1914年作曲)と同時期に作曲され、1919年6月6日ウィーンにおいて初演された。2日後にアントン・ウェーベルンアルバン・ベルクに宛てて、次のように書き送っている[2]

ストラヴィンスキーという人は天才です。この歌曲集は傑作であり、僕はこの音楽にすっかり魅惑されました。この曲集にぞっこんなのです。この子守唄は、筆舌に尽くしがたいほど感動的なのですから。それにクラリネットの何という響きでしょう!

楽曲構成[編集]

以下の4曲からなり、全曲を通して演奏しても4分とかからない。日本語の題はフランス語からの翻訳による。

  1. 暖炉の上で Спи кот / Le Chat sur le poêle
  2. 部屋の中 Кот на печи / Intérieur
  3. ねんね Бай-бай / Dodo
  4. 猫の飼い主 У кота кота / Ce qu'il a, le chat

脚注[編集]

  1. ^ Taruskin (1996) p.1149
  2. ^ ロバート・クラフトによる「ストラヴィンスキー全集」(Naxos 8.557505)の解説文より

参考書籍[編集]

[編集]