独身の貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
独身の貴族
著者 コナン・ドイル
発表年 1892年
出典 シャーロック・ホームズの冒険
依頼者 セント・サイモン卿
発生年 1887年または1888年
事件 ハティ・ドーラン失踪事件
テンプレートを表示

独身の貴族」(どくしんのきぞく、The Adventure of the Noble Bachelor)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち10番目に発表された作品である。「ストランド・マガジン」1892年4月号初出。同年発行の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(The Adventures of Sherlock Holmes) に収録された[1]

本作と同じ短編集『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されている「花婿失踪事件」との対比から、「花嫁失踪事件」としている訳本もあり、訳者により「独身貴族」、「誇り高き独身者」の邦題もある。

あらすじ[編集]

1887年(異説有り)10月、セント・サイモン卿とハティ・ドーランとの結婚式のさなか、ハティが姿を消してしまう。サイモン卿から依頼があり、シャーロック・ホームズがこの難事件を解決する。

セント・サイモン卿はハティ・ドーラン嬢と婚約し、結婚式を挙げた。その式の間、教会の一番前の席に見知らぬ男が参列していた。式が終わって退場する時、花嫁がブーケを落としてしまうが、その見知らぬ男が花束を拾い上げ、花嫁に手渡した。その後の披露宴の席上、花嫁は気分が悪くなったと言って自室に下がったものの、いつまでたっても帰ってこないので父親が様子を見に行ったところ、花嫁は忽然と姿を消してしまっていた。

ホームズはその話を聞き、すぐに事件の真相を解明してしまう。ホームズがワトスンを置いて外出している間に料理屋がホームズの部屋を訪れ、五人分の宴席が用意される。帰宅したホームズ曰く、来客があるとのことで、ほどなくしてセント・サイモン卿が現れる。残りの二人も現れるが、それは失踪した花嫁と、結婚式に参列していたあの見知らぬ男だった。ホームズに諭されてベイカー街を訪れた二人の口から事件の真相が語られる。

年代について[編集]

正典中では3度、年代に関わる記述がある。すなわち、この事件は「4年前のドラマ」であり、「私(ワトスン)が結婚する2〜3週間ほど前」に起こった事件である。また、サイモン卿は1846年生まれで「41歳」としていることから、1887年の事件であると考えられる。

ただしワトスンが結婚したのは1888年と考えられ、「4年前」もこの作品が発表された1892年を基準としているとすれば、1888年の事件である可能性もある。また、1886年説を採るホームズ研究家も存在する。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、263頁