「卵祖細胞」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 10 件をウィキデータ上の d:Q2355295 に転記)
'''卵祖細胞'''(らんそさいぼう、[[:en:Oogonium|oogonium]])とは、[[卵母細胞]]や[[卵子]]形成の出発点となる[[幹細胞]]。ヒトにおいては、胎児期の初期において、将来卵巣となる細胞群[[二次性索]]の分化によって形成される。[[核小体]]が明瞭な卵形の大きな[[細胞核|核]]と[[エオジン]]([[:en:eosin|eosin]])に淡く染まる[[細胞質]]を有する。
 
== 概要 ==
卵祖細胞は体細胞と同じ[[倍数性#倍数体|倍数体]] (2n) の細胞である。出生前に大部分は変性してしまうが、同時に一次卵母細胞 (2n) への分化も進む。出生時においては、20万から200万の一次卵母細胞が残り、思春期までに4万個まで減少する。思春期以降に一次卵母細胞が第一減数分裂を経て二次卵母細胞 (n) と極体 (n) へ至る(図参照)。
卵祖細胞は体細胞と同じ[[倍数体]]の細胞である。
 
卵祖細胞は体細胞と同じ[[倍数性#倍数体|倍数体]] (2n) の細胞である。出生前に大部分は変性してしまうが、同時に一次卵母細胞 (2n) への分化も進む。出生時においては、20万から200~200万の一次卵母細胞が残り、思春期までに4万個まで減少する。思春期以降に一次卵母細胞が第一減数分裂を経て二次卵母細胞 (n) と極体 (n) へ至る(図参照)
 
思春期になると、卵祖細胞は栄養をとって肥大し、一次卵母細胞(図、成熟を開始した一次卵母細胞)となる。一次卵母細胞は卵黄質をたくわえて非常に大きくなり、直径120~150μmにもなる。一次卵母細胞はついで2回の連続した成熟分裂を行うが、ふつう第1回めの分裂で染色体が半減する([[減数分裂]])。
 
一次卵母細胞は第1回めの分裂で1個の大きい二次卵母細胞(卵娘細胞)と1個の小さい第1極細胞(第1極体)になる。ついで、第2回めの分裂で大きい二次卵母細胞は同様にして、1個の卵子と1個の小さい第2極細胞(図、極体)となる。また、第1極細胞は2個の小さい第2極細胞(図、極体)になる。
 
排卵は第1回めの分裂途中でおこり、[[受精]]はその直後に[[卵管膨大部]]でおこる。受精が行われなかったときは第2回めの分裂はおこらず、二次卵母細胞はおよそ24時間で死に、体外に排出される。
 
== 関連項目 ==
 
*[[卵巣]]
*[[卵胞]]
47

回編集

案内メニュー