「ヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(無いよりはマシ、程度に。)
[[ヴェッティン家]][[エルネスティン家|エルンスト系]]のザクセン選帝侯[[ヨハン (ザクセン選帝侯)|ヨハン]]の長男。「{{Lang-de|der Grossmütige}}」({{Lang-en|the Magnanimous}}<ref name="TFAM-クラーナハ"/>、度量公<ref name="ブリタニカ"/>、豪胆公<ref name="TFAM-クラーナハ"/>)とも呼ばれた<ref name="ブリタニカ"/>。
 
[[マルティン・ルター]]と友好関係にあり、[[ヘッセン方伯]][[フィリップ1世 (ヘッセン方伯)|フィリップ]]と共に[[シュマルカルデン同盟]]の盟主となった<ref name="ブリタニカ"/>。しかし、1546年の[[シュマルカルデン戦争]]を経て、1547年に[[神聖ローマ皇帝]][[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]]に[[ミュールベルクの戦い]]に敗れて捕縛され、[[選帝侯]]位と所領を剥奪された<ref name="ブリタニカ"/>。選帝侯位と所領のほとんどは[[はとこ|又従弟]]でヴェッティン家の別系統([[アルベルティン家|アルブレヒト系]])に属する[[モーリッツ (ザクセン選帝侯)|モーリッツ]]に与えられ<ref name="ブリタニカ"/>、ヨハン・フリードリヒには「ザクセン公」の肩書と[[テューリンゲン|チューリンゲン地方]]の所領だけが残された。一方で、モーリッツの勢力拡大を恐れたカール5世は、ヨハン・フリードリヒの息子たちにテューリンゲンの各地の[[方伯]]として領土を与えて、ヴェッティン家の統一を阻んだ
 
モーリッツの勢力拡大を恐れたカール5世は、ヨハン・フリードリヒの子息たちに[[テューリンゲンの君主一覧|テューリンゲン]]の各地の[[方伯]]として領土を与えて、ヴェッティン家の統一を阻んだのである。
 
== 家族 ==
[[1527年]]に[[ユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合国|ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公]][[ヨハン3世 (ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公)|ヨハン3世]]の娘[[ジビュレ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク|ジビュレ]]と結婚し、4男をもうけた。
* [[ヨハン・フリードリヒ2世 (ザクセン公)|ヨハン・フリードリヒ2世]](1529年 - 1595年) - ザクセン公
* [[ヨハン・ヴィルヘルム (ザクセン=ヴァイマル公)|ヨハン・ヴィルヘルム]](1530年 - 1573年) - ザクセン公、後にザクセン=ヴァイマル公
* [[ヨハン・フリードリヒ3世 (ザクセン=ゴータ公)|ヨハン・フリードリヒ3世]](1538年 - 1565年) - ザクセン=ゴータ公
 
== 脚注 ==
=== 出典 ===
{{Reflist|colwidth=30em |refs=
<!-- -->
}}
 
== 関連項目 ==
*[[ザクセン=ゴータ公国]]([[ザクセン=コーブルク公国]]):末子ヨハン・フリードリヒ3世が統治した国
*[[ザクセン=コーブルク=ゴータ公国]]([[ザクセン=コーブルク=ゴータ家]]):上記の国が統合したもの
匿名利用者

案内メニュー