「青山景通」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''青山景通'''(あおやまかげみち、[[1819年]]([[文政]]2年) - [[1891年]]([[明治]]24年)[[12月11日]])は、[[幕末]]から明治の[[日本]]の[[復古神道]]家。[[美濃国]][[苗木藩]]の下級藩士。[[青山直道]]は長男、[[東京帝国大学]]の[[医学博士]]で後に[[男爵]]となった[[青山胤通]]は三男。[[江戸]]で[[平田篤胤]]の[[門人]]となる。
 
平田派国学を信奉し、他の青山一門と同様、[[儒教]]教育の否定や、藩内の寺院(藩公の菩提寺を含む)、位牌の破却を特に率先して行ったため、強い反発を買い、元筆頭家老の千葉権右衛門、東侑之進、千葉武男、千葉鐐五郎、神山健之進、中原央、八尾伊織らが蜂起を画策するに至ったが、これを察知した青山景道は[[1870年]](明治3年)[[1月12日 (旧暦)|1月12日]]に一連の共謀者を逮捕し流罪、投獄した。
匿名利用者

案内メニュー