「原田嘉種」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''原田 嘉種'''(はらだ よしたね、[[1584年]] - 、[[1660不詳]] )は、[[高祖城]]主。[[原田信種]]の長男。弟に[[原田種房]]がいる。
 
通称は'''原田伊予'''の名で有名(役職が[[伊予守]]だった)。会津藩に出仕後は原田種次と称する
 
父・信種が亡くなると家督をついで[[加藤清正]]に仕えた。しかし清正と対立し、領地没収のうえ追放処分となってしまった。
 
その後、弟と[[寺沢広高]]に2000石(種房は500石)で仕えるようになった。[[天草の乱]]時、[[富岡城]]で一揆軍と戦って退かせたという。しかし、[[正保]]元年([[1644年]])[[寺沢堅高|寺沢堅高(広高の子)]]が[[島原の乱]]の責を問われ[[改易]]処分となると、嘉種は再び浪人となった
 
[[慶安]]4年([[1651年]])、[[天海]]の仲介により江戸で[[会津藩]]主[[保科正之]]に2000石で召し抱えられ、[[承応]]3年([[1654年]])に会津表留守役を命じられ会津若松に下った。
 
[[明暦]]3年([[1657年]])、家督を長子[[原田種長|種長]]に譲り1500石を相続させ。次子には500石を分与した。第3子[[江上種弼|種弼]]は[[江上勝種]]([[江上家種]]の子)の養子となり[[江上氏]](江上氏は[[原田氏]]の分家筋に当たる)を継承した。
 
 
ところが、[[寺沢堅高]]は[[島原の乱]]によって[[改易]]処分となり、再び浪人となった。後に江戸に上り、[[天海]]と出会い、天海の紹介で[[会津藩]]主[[保科正之]]に手厚く迎えられ、2000石で仕えるようになったという。
 
{{DEFAULTSORT:はらた よしたね}}
[[Category:戦国武将]]
[[Category:1584年生]]
89

回編集

案内メニュー