高祖城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
高祖城
福岡県
高祖城のある高祖山
高祖城のある高祖山
別名 高祖山城、原田城
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 原田種継原田種頼
築城年 建長元年(1249年
主な城主 原田氏
廃城年 天正15年(1588年
遺構 石垣、土塁、堀切
指定文化財 なし
位置 北緯33度32分54秒
東経130度16分07秒
座標: 北緯33度32分54秒 東経130度16分07秒
地図
高祖城の位置(福岡県内)
高祖城
高祖城

高祖城(たかすじょう)は、筑前国怡土郡高祖山(現在の福岡県糸島市高祖)にあった日本の城

概要[編集]

建長元年(1249年)、原田氏原田種継原田種頼父子の築城。 怡土城の遺構を利用し、高祖山頂上に上ノ城(本城)と下ノ城がある。

歴史[編集]

一時少弐氏に奪われたが、最終的には大内氏の援助により原田氏が奪還した。 天正15年(1588年豊臣秀吉九州征伐により、城主原田信種は所領没収され廃城となる。

参考文献[編集]

  • 福岡県郷土史叢刊『糸島郡史』(1927年)
  • 児玉琢『改正原田記』(1817年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]