「パンアメリカン航空202便墜落事故」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
以上の機体の状況から、202便が夜明け前の巡航中に空中分解して墜落したと推定された。まず第二エンジンのプロペラに異常振動が起こりエンジンが崩壊し、それを引き金に機体に異常振動が起こり、[[水平尾翼]]の一部が脱落し、エレベータが上向きになり仰角が増大した。そのため主翼にかかる上向きの力に左主翼が耐えきれず切断して脱落した。さらに残された機体も左主翼が消失したため機首を下げる力と尾翼からの機首を上げる力が衝突し、機体尾部が引き裂かれて空中分解して墜落した。
 
なお、この第二エンジンを崩壊させたプロペラの異常振動の原因であるが、プロペラブレードの設計ミスが原因であると推測された。それはボーイング377が、[[空冷エンジン|空冷]]四重[[星型エンジン|星型]]28気筒で、71,450cc の排気量から 3500 馬力を搾り出す[[プラット・アンド・ホイットニー R-4360]]-B6 「ワスプ・メジャー」という、最大級のレシプロエンジンを搭載しながら、プロペラはそれよりも馬力が低いエンジンを想定したものを多少強化した程度であり、プロペラ内部が空洞(中空)のタイプであった。そのため、エンジンが生み出す推進力に対して耐え切れずに破断し、エンジン崩壊を招いたことが直接の原因とされた。
 
しかしアメリカ連邦民間航空局(CAB)ボーイング377のレシプロエンジンに装着されていた中空式のプロペラを、ソリッドタイプ(中実、ムク)のプロペラに変更するよう勧告を出したのは、3年後に再びボーイング377が飛行中にプロペラを飛散させる事故を起こした後であった。また、同時期に就航した[[DC-7]]も含め、大型レシプロ旅客機はエンジンの複雑な構造を原因とするエンジントラブルが多かった。そのためパンアメリカン航空のボーイング377は、その後もエンジントラブルで不時着水や墜落する事故を起こしている。
 
==関連項目==
匿名利用者

案内メニュー