コンテンツにスキップ

「柳家小きん (11代目)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''柳家 小きん'''(やなぎや こきん)は、[[落語]]の[[名跡]]。当代は11代目。
 
[[柳派]]における出世名となっており、名だたる[[落語家]]が主に二つ目に昇進する時にこの名を名乗っている。当代は真打昇進この名小きんを名乗り続けてい落語家少な、かつては二つ目クラスの名とう認識が強く、真打昇進後に別の名跡を襲名する例が多かったため、小きんの名には代数を付けない文献が多いが、ここでは便宜上代数を付する。
 
==歴代==
*8代目柳家小きん - [[1951年]]に小満輔から小きんに改名。[[1961年]]に[[柳家小せん|4代目柳家小せん]]を襲名。
*9代目柳家小きん - [[1963年]]に小助から小きんに改名。[[1980年]]に6代目[[柳家つば女]]を襲名。小きん時代に[[笑点]]のレギュラー経験あり。
*10代目柳家小きん - [[1981年]]に小太郎から小きんに改名。[[1985年]]に[[桂三木助 (4代目)|4代目桂三木助]]を襲名。小きん時代はレポーターとして活躍。
*11代目柳家小きん - 本項で詳述。
 
匿名利用者