柳家つば女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳家 つば女(やなぎや つばめ)は、落語家名跡。現在は空き名跡となっている。柳派に属する。5代目までは、名前が全部ひらがなの柳家 つばめであったが、6代目は「め」の字を「女」と変えた。なお、名を継承した全員が男性である。

初代つばめを名乗る前に、3代目三升家勝次郎初代談洲楼燕枝門下で1879年に柳家つばめ(柳亭つばめとも言われる)に改名していた時期があるが、短い期間だったためか代数にはカウントされていない。その他にもこれより以前に初代燕枝の「燕之巣立実痴必読」(通称「燕枝日記」)には1871年1872年頃の弟子として「つばめ(百之助兄)」という人物があげられているが、これ以外のことはまったく判っていない。

参考文献[編集]