柳家つばめ (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
3代目 柳家 つばめやなぎや つばめ
本名 宮尾 正造
生年月日 1884年9月17日
没年月日 (1942-02-15) 1942年2月15日(57歳没)
出身地 日本の旗 日本群馬県伊勢崎市
師匠 3代目柳家小さん
5代目柳亭左楽
名跡 1. 柳家小三太(1913年 - ?)
2. 柳家さん三(? - 1916年)
3. 柳家歌太郎(1916年 - 1918年)
4. 柳家さくら(1918年 - 1928年)
5. 3代目柳家つばめ(1928年 - 1942年)
活動期間 1913年 - 1942年
家族 実子:宮尾たか志
所属 睦会(1918年 - 1928年)
研成会(1928年 - ?)

3代目柳家つばめ(やなぎや つばめ、1884年明治17年)9月17日 - 1942年昭和17年)2月15日)は落語家。本名、宮尾正造。息子は漫談家の宮尾たか志宮尾すすむの師匠)。

生まれは群馬県伊勢崎の機織業「宮商」の若旦那。30歳の時に一念発起で上京し、1913年1月に3代目柳家小さんに入門。(一説には前座名を小三太と言う)同年に人形町末広亭で初高座、さん三から1916年ころに歌太郎を名乗り旅回りに行く。1918年に「睦会」発足と共に帰京し5代目柳亭左楽の門で同年11月に東橋亭で柳家さくらで真打昇進披露を行った。1928年7月に研成会で3代目つばめ襲名。1940年中風にかかり、2年後死去。妻は興行主のようなことをし夫を支えた。

弟子に柳家さくら時代に入門した橘流寄席文字家元橘右近がいる。

前座時代は上州訛りがあり音曲売りにしたが訛りを克服後は素噺を売りにした。得意ネタは素噺を中心に「能狂言」「桜風呂」「女学生」「永代橋」「棒だら」「火焔太鼓」「しらみ茶屋」「替り目」「大工調べ」など。また美声を生かした音曲ネタも得意とした。

出典[編集]