牧瀬茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

牧瀬 茜(まきせ あかね、1977年2月6日 - )は東京都出身のストリッパー。日本ストリップ振興会書記。愛称は「がまぐち茜」[1]

略歴[編集]

当初はOLだったが[2]、露天商を経て[2]1998年7月1日船橋若松劇場にてストリッパーとしてデビュー。

ストリッパーの活動のみならず、雑誌のコラムやエッセイの執筆[2]も行っていた。短歌専門誌「短歌往来」2009年6月号にストリッパーの肩書で作品を発表した。2010年1月には小説を上梓[3]

千葉なぎさが2011年11月に引退する前のおよそ1年間、とユニットを組んで劇場を回った[4]。その他数人の踊り子とユニットを組んだ経歴がある。


粘土工芸職人でもあり、性行為に対する偏見や躊躇心を排除するために、オリジナルのキャラクター「ちん吉くん」を開発。ショーアップ大宮劇場には「ちん吉くん」ギャラリーが設立された。

現在はストリップ劇場のみならず、さまざまな場所でパフォーマンスや芝居等多岐に渡る活動をしている。

写真が好きで、フィルムカメラを使いストリッパーたちを撮影し、写真展などもしている。ライブシアター栗橋にはギャラリーが常設されている。

絵描きという一面も持ち、ギャラリーでの展示活動もしている。

人物[編集]

身長158cm・スリーサイズはB83・W60・H90、血液型A型

著作[編集]

単行本[編集]

  • 『歌舞伎町で待ってます 風俗嬢れもんの青春物語』(メタモル出版、2010)

雑誌連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これは公式サイトのURLにも使用されている。
  2. ^ a b c ミリオン出版『俺の旅』2010年3月号 p214
  3. ^ 日本作家クラブ公式サイト作家クラブ会員・牧瀬茜が小説『歌舞伎町で待ってます』を処女出版!!”. 2010年8月12日閲覧。
  4. ^ 週刊大衆 2012年5月28日号 舞姫伝説 牧瀬茜

外部リンク[編集]