片瀬江ノ島駅前暴走注意事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

片瀬江ノ島駅前暴走注意事件(かたせえのしまえきまえぼうそうちゅういじけん)は、1989年神奈川県藤沢市暴走族暴走行為を注意しようとした男性が、注意した少年らに暴行を受けて死亡した事件。

概要[編集]

1989年4月17日午後10時頃、小田急電鉄片瀬江ノ島駅ロータリー内に、暴走族のオートバイが侵入、騒乱状態となっていた。被害者の男性は甥らとともに自宅への帰途、この暴走行為を目撃。被害者は「俺は暴走族は嫌いだ。こらしめてやる」と言い、近くにあった鉄パイプを持って、居合わせた少年らに対して注意をしたところ、逆上した少年らに鉄パイプを奪われたあげく、殴る蹴るの暴行を受けた。被害者は運ばれた病院で翌日、外傷性ショックにより死亡した。

後日、少年2名が傷害致死の容疑で逮捕されたが、捜査を通じて少年らはロータリー内での暴走行為と無関係であり、たまたま乗用車でロータリー内に侵入した際に、被害者と鉢合わせし口論となったことがきっかけとなったことが判明した。

被害者の男性は、毎日新聞夕刊紙のコラムを担当し、日本記者クラブ賞の受賞歴がある名編集者であった。なお、クラブ賞の受賞理由は「単純な決めつけから一歩抜け出た批評精神」などが評価されたものであった。

余波[編集]

  • この年、江ノ島周辺の国道では、連夜に及ぶ検問が行われ、暴走族の徹底的な締め出しが行われるようになった。
  • 現在、片瀬江ノ島駅にはポールが設置されて駅前広場への車の進入は防止されている[1]

出典[編集]

[ヘルプ]

座標: 北緯35度18分31秒 東経139度29分1秒 / 北緯35.30861度 東経139.48361度 / 35.30861; 139.48361