片山直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かたやま なおゆき
片山 直之
生誕 (1958-01-15) 1958年1月15日
日本の旗 日本 東京都
死没 (2018-08-20) 2018年8月20日(60歳没)
出身校 上智大学経済学部卒業
職業 実業家
サンマルクホールディングス元社長

片山 直之(かたやま なおゆき、1958年1月15日 - 2018年8月20日[1])は、日本実業家
株式会社サンマルクホールディングス代表取締役社長。
東京都出身。

人物[編集]

東京都出身。
1980年上智大学経済学部卒業後、同年9月、伯父の経営する新谷製菓株式会社に入社。
新谷製菓の先行きに不安を感じ、新たな業態としてレストランサンマルクを社内に立ち上げる。
1989年、大元サンマルク専務取締役に就任。
1991年サンマルクホールディングス取締役に就任。同年9月、サンマルク代表取締役社長に就任。
2001年クレオ代表取締役会長に就任。
2005年、サンマルクホールディングス代表取締役に就任。同年11月、同社代表取締役社長に就任[2]
同社の実質的な創業者であり、1989年の創業から30年弱で全国的なチェーン店へと押し上げた[3]
2018年8月20日、食道がんのため死去、60歳[4]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 片山直之氏が死去 元サンマルクホールディングス社長 日本経済新聞 2018年8月21日
  2. ^ 株式会社サンマルクホールディングス 有価証券報告書 株式会社サンマルクホールディングス 有価証券報告書 第26期 平成29年3月31日
  3. ^ 絶好調だったサンマルクが急失速した理由 東洋経済オンライン 2017年11月19日付 2頁より引用
  4. ^ 片山直之氏死去(サンマルクホールディングス社長 時事ドットコムニュース 2018年8月22日閲覧

参考文献[編集]

  • 「役員四季報 2018年度版」 東洋経済新報社、2017年、484頁。
先代:
(新設)
サンマルクホールディングス社長
2005年 - 2018年
次代:
綱嶋耕二