照屋寛範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

照屋 寛範(てるや かんぱん、1892年4月26日 - 1968年4月28日)は日本の牧師沖縄バプテスト連盟初代理事長。

生涯[編集]

1909年(明治42年)に首里の教会で洗礼を受ける。その後献身して、日本バプテスト神学校に入学した。卒業後に糸満教会の牧師になった。

1919年(大正8年)に自給伝道の南海伝道団に入り、トラック島の伝道に、1927年(昭和2年)まで関わった。

戦後、1955年(昭和30年)沖縄バプテスト教会を結成して、「前原」、「高原」「那覇バプテスト教会」の牧師になり、中城村の泊教会、普天間教会開拓にも関与した。沖縄バプテスト連盟の初代理事長になり、長年指導者を務めた。またその首里方言による方言説教は沖縄の教会の多くの信徒の注目するところであった。世に「照屋信者」という言葉も流布したものである。

沖縄の宗教土俗に関心があり、「沖縄の宗教土俗」の小著もある。また戦前は、伊波普猷が県立図書館長時代には親交もあり、働きを共にしたこともある。今に続く

次世代の多くの牧師を育てた。名前の読みは「かんぱん」。育てた牧師には、国吉守玉城啓道城間祥介渡真利文三饟平名長秀などがいる。

参考文献[編集]

  • 『クリスチャン情報ブック2006』いのちのことば社、2005年
  • 「沖縄バプテスト宣教100年史」1993年、丸正印刷