無人航空従事者試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
無人航空従事者試験
略称 ドローン検定、D検、AQTD[1]
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 機械・模型飛行機
試験形式 筆記(マークシート)
認定団体 ドローン検定協会株式会社
認定開始年月日 2015年
等級・称号 4 - 1級 ・技能
公式サイト https://drone-kentei.com/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示
ドローン検定協会株式会社
The Association of Qualification Test of Drone[1]
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
841-0037
佐賀県鳥栖市本町2丁目1413番地2[1]
代表者 代表取締役会長 田中克之
代表取締役社長 山下壱平[1]
テンプレートを表示

無人航空従事者試験(むじんこうくうじゅうじしゃしけん)は、ドローン検定協会株式会社が主催する無人航空機に関する知識と技能を証明する民間の検定試験である。同社では略称をドローン検定D検AQTDとしている[1]

概要[編集]

航空従事者と名称が類似しているが、航空従事者が航空業務を行う際に必須とされる資格である[2]のに対して、無人航空従事者試験は知識と技能を証明するにとどまり、ドローンの操縦に必須とされる資格ではない。

この検定試験は、ドローン検定協会株式会社が主催し、以下の組織が後援している[3]

国土交通省2017年6月1日に、ドローン検定協会株式会社を含む43団体を「無人航空機の操縦技能講習を行う民間講習団体」として公表した。これらの団体が行う講習を修了すると、無人航空機に係る飛行許可申請を行う際に、無人航空機の操縦の知識や能力に関する確認を簡略化することができる[4]。ドローン検定協会株式会社は、無人航空従事者試験の合格者に対して「無人航空機に関する飛行履歴・知識・能力を有することの証明書」を発行している[3]。また、ドローン検定協会株式会社の提携団体がドローン操縦士試験等の技能試験を実施している[5]

「ドローン検定」ロゴは、ドローン検定協会株式会社代表取締役社長の山下壱平によって商標登録されている[6]

沿革[編集]

  • 2015年(平成27年)
  • 2016年11月27日 - 第8回無人航空従事者試験実施(全国23都道府県にて実施。延べ受験申込者数が5000人を超える)。[要出典]
  • 2017年

検定級[編集]

無人航空従事者試験3級合格証

無人航空従事者試験に合格すると、カード型の合格証が交付される。また、1級及び2級合格者には、バッチが交付される[10]

1級[編集]

  • 程度 - 無人航空機を操縦・管理・設計することに必要な、専門的知識を十分に有する。
  • 受験資格 - ドローン検定2級合格者[10]
  • 試験開催 - 年3回[10]

2級[編集]

  • 程度 - 無人航空機を操縦・管理することに必要な、機体特性及び関連技術に関する十分な知識と気象学や関連法規及びリスク管理に関する知識を有する。
  • 受験資格 - ドローン検定3級合格者[10]
  • 試験開催 - 年6回[10]

3級[編集]

  • 程度 - 無人航空機の機体特性や基礎技術、無線、関連法規に関する知識を有する。
  • 試験開催 - 年6回[10]

4級[編集]

  • 程度 - 無人航空機を安全に運用することに必要な知識(基礎知識及び関連法規)を有する。
  • 試験開催 - 年6回[10]

開催時期[編集]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1級・2級
3級・4級
開催なし 2級
3級・4級
開催なし 1級・2級
3級・4級
開催なし 2級
3級・4級
開催なし 1級・2級
3級・4級
開催なし 2級
3級・4級
開催なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]