烏鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
烏鎮の水路

烏鎮 (うちん、中国語: 乌镇=発音はウーヂェン、英語: Wuzhen)は中国浙江省北部の嘉興市桐郷市烏鎮鎮にある観光地で、「アジアのヴェネツィア」と呼ばれることもある[1]

大運河に面していて、古くからの、あるいは復元された江南の街並みが残る[2]

上海杭州蘇州を結ぶ三角形の真ん中あたりの交通が便利なところにあり、国内外の観光客が多い[3]

中国政府のIT政策を支える世界インターネット大会英語版の永久開催施設であるインターネット国際会展センターがあり[4]、国家主導でスマートシティ化が進められている[5]2017年には中国側が「人間機械の最終決戦」[6]と謳う人工知能AlphaGoと世界トップ棋士の柯潔による囲碁対戦を行ったフューチャー・オブ・ゴ・サミット英語版が開かれた。

交通[編集]

上海杭州を結ぶG320国道上の桐郷市中心部から北西へ15㎞、嘉興市の中心部から西へ36㎞にある [7]。杭州より80km、上海からは130km離れている[1]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b TRiPORT-アジアのベニスと呼ばれる烏鎮 − 中国で最も美しい水上村の魅力
  2. ^ 烏鎮 (百度百科) (中国語)
  3. ^ 烏鎮 (互動百科) (中国語)
  4. ^ 世界インターネット大会の永久開催施設が烏鎮に完成”. 中国網 (2016年10月27日). 2017年12月4日閲覧。
  5. ^ 世界インターネット大会開催地の烏鎮、ますますスマートに”. 人民網 (2016年11月15日). 2017年12月4日閲覧。
  6. ^ 人机终极对决或年内举行柯洁将战AlphaGo”. 新浪網 (2016年6月8日). 2017年5月16日閲覧。
  7. ^ 『発現中国・自助游中国 完全手冊 2002』(陝西師範大学出版社) (中国語)

外部リンク[編集]