瀬尾拡史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せお ひろふみ
瀬尾 拡史
生誕 1985年
出身校 東京大学デジタルハリウッド
職業 医療CGプロデューサー
影響を受けたもの 驚異の小宇宙 人体
受賞 平成21年度東京大学総長賞・総長大賞
公式サイト http://www.sciement.com/en/index.html

瀬尾 拡史せお ひろふみ1985年[1] - )は日本の医療CGプロデューサー、医師、株式会社サイアメント代表取締役。東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻博士課程在籍。京都造形芸術大学客員教授[2]

略歴[編集]

筑波大学附属駒場中学校・高等学校在学中に驚異の小宇宙 人体を視聴し、そのCG映像に衝撃を受ける[3]。高校卒業後の進路として、科学に基づいた映像を作り出すために医学を学ぶことを決意し、2005年に東京大学理科三類2006年デジタルハリウッドにそれぞれ入学(ダブルスクール)[1][3]。東京大学在学中に、ジョンズ・ホプキンス医学校英語: Johns Hopkins School of Medicine及びトロント大学に短期留学、メディカルイラストレーションを学ぶ[1]

東京大学医学部医学科在学中に、チューターであった法医学教授(当時)である吉田謙一の勧めもあり、裁判員制度に用いる3DCGの作成を最高検察庁に提案、裁判員裁判第1号事件の証拠資料となる3DCGを制作、この功績で2010年(平成21年度)に東京大学総長賞・総長大賞を受賞した[4][5][6]

2011年、東京大学医学部附属病院にて研修医として勤務する傍ら、株式会社サイアメントを設立、研修医修了後に代表取締役に就任。

2014年、「マルチスケール・マルチフィジックス心臓シミュレータ UT-Heart」[7][8]という映像作品を発表。筑波大学附属駒場中学校・高等学校の先輩である森下唯小田啓太の協力の下[9][10][11]東京大学久田杉浦鷲尾岡田研究室が開発しているマルチスケール・マルチフィジックス心臓シミュレータ「UT-Heart」の働きを可視化した映像[12]は世界で高く評価され、翌年、SIGGRAPH2015にて Best Visualization or Simulation Award を獲得した[13][14]

2016年4月、京都造形芸術大学客員教授に就任。

受賞歴[編集]

  • 2009年 京都大学学術映像コンペティション 準入選・学術映像奨励賞
  • 2010年 東京大学総長大賞[6]、第8回インディーズアニメフェスタ Scientific Visualization賞、第1回デジタルハリウッド学長賞[15]
  • 2012年 Maya Animation Category, Cyberscreen Science Film Festival第2位[16]
  • 2014年 総務省 「異能vation」事業 本採択[17]、医学書院 第6回「呼吸と循環」賞
  • 2015年 Best Visualization or Simulation Award, SIGGRAPH 2015 Computer Animation Festival[13]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 瀬尾拡史. “自己紹介”. -ズバッと!東大な日々。- の、その後の日々。. 2016年9月4日閲覧。
  2. ^ 東京芸術学舎事務局. “デザイン思考とイノベーション@東京芸術学舎”. こくちーずプロ. 2016年9月8日閲覧。
  3. ^ a b 松元英樹 (2016年3月2日). “=医者だからできる迫真のCG 東大理III出身の異才”. 日経電子版 (日経新聞社). http://college.nikkei.co.jp/article/66621711.html 2016年9月6日閲覧。 
  4. ^ 第3回:裁判員制度での3DCG”. トレンド&テクノロジー / サイエンスCG最前線!. AREA JAPAN (2013年8月22日). 2016年9月4日閲覧。
  5. ^ 自己紹介”. 第21回日本形成外科手術手技学会. 2016年9月4日閲覧。
  6. ^ a b 学生表彰「東京大学総長賞」 歴代受賞者名・題目一覧”. 東京大学. 2016年9月4日閲覧。
  7. ^ Youtube 動画 日本語版 マルチスケール・マルチフィジックス心臓シミュレータ UT-Heart”. 2017年7月25日閲覧。
  8. ^ Youtube 動画 英語版 Multi-scale Multi-physics Heart Simulator UT-Heart”. 2017年7月25日閲覧。
  9. ^ 新作公開! UT-Heart”. 2017年7月25日閲覧。
  10. ^ トレンド&テクノロジー / サイエンスCG最前線!第4回:心臓シミュレーションを可視化する(前編)”. 2017年7月25日閲覧。
  11. ^ トレンド&テクノロジー / サイエンスCG最前線!第5回:心臓シミュレーションを可視化する(後編)”. 2017年7月25日閲覧。
  12. ^ a b 心臓シミュレータUT-Heart”. sciement. 2016年9月5日閲覧。
  13. ^ a b SIGGRAPH2015 公式サイト Electronic Theater 受賞作品リスト”. 2017年7月25日閲覧。
  14. ^ “サイエンスCGクリエーター瀬尾拡史さん(卒業生)が、シミュレーション結果の可視化CG映像制作において世界的評価を獲得” (プレスリリース), デジタルハリウッド, (2015年9月2日), http://www.dhw.co.jp/pr/topics/detail.php?id=632 
  15. ^ 杉山知之 (2010年4月4日). “よみうりホールで、入学式と『デジタルフロンティア』”. 校長日記 デジタルハリウッド大学・学長ブログ. 2016年9月6日閲覧。
  16. ^ Carin Bondar (2012年1月24日). “Winners of the Cyberscreen Science Film Festival at Science Online 2012”. Scientific American. 2016年9月6日閲覧。
  17. ^ 北島幹雄 (2015年2月6日). “国家認定の”変な人”、最初の10人をお披露目!:総務省 異能vationプログラム”. 週刊アスキー. KADOKAWA. 2016年9月6日閲覧。