杉山知之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉山 知之(すぎやま ともゆき、1954年1月27日[1] - )は、日本の教育者。1994年に、デジタルハリウッド株式会社を設立し、2004年、日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学の学長そして、デジタルハリウッド学校長を務めている。

略歴[編集]

東京都出身。海城高等学校を卒業後、日本大学理工学部建築学科、日本大学大学院理工学研究科(工学博士)に進学した後、日本大学理工学部建築学科助手、マサチューセッツ工科大学MITメディアラボ客員研究員等を経て、1994年に、デジタルハリウッド株式会社を設立する。

マルチメディア放送ビジネスフォーラム代表、コンテンツ学会副会長、福岡コンテンツ産業拠点推進会議会長、メタバース協会理事長を務め、「新日本様式」協議会や、CG-ARTS協会など多くの委員を歴任。2008年日ASEAN賢人会合メンバーとしても活動。2010年より知的財産管理技能検定委員も務めている。

テレビ出演[編集]

著書[編集]

  • 「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
  • 「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
  • 「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
  • 「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
  • 「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.263

外部リンク[編集]