濱田博司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
濱田 博司
生誕 (1950-07-15) 1950年7月15日(69歳)[1]
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
研究分野 分子生物学
研究機関 アメリカ国立衛生研究所ニューファンドランドメモリアル大学東京大学東京都臨床医学総合研究所大阪大学
出身校 岡山大学
主な業績 左右軸を中心とした哺乳動物胚発生の分子制御機構
主な受賞歴 紫綬褒章慶應医学賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

濱田 博司(はまだ ひろし、1950年7月15日[1] - )は、日本の分子生物学者、医学者。大阪大学特別教授[2]、大阪大学生命機能研究科生命機能専攻教授[3]、哺乳動物胚発生の遺伝子支配についての研究を専門とする[3]文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」 シリア・中心体系による生体情報フローの制御研究代表者。

略歴[編集]

香川県善通寺市出身[4]香川県立丸亀高等学校を経て、1975年岡山大学卒業、1979年に同大学院を修了[1]。以後アメリカ国立衛生研究所がん研究所ニューファンドランドメモリアル大学東京大学助教授、東京都臨床医学総合研究所化学療法部部長を経て、1995年より大阪大学細胞生体工学センター 教授、2002年より現職[1]。2014年に大阪大学特別教授に選定される[2]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]