澤蔵司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慈眼院 澤蔵司稲荷(東京都文京区小石川

澤蔵司(たくぞうす)とは天保時代、学問を学んだとされる、また、その伝承を指す。

概要[編集]

天保4年、江戸にある伝通院の覚山上人が京都から帰る途上、澤蔵司という若いと道連れになった。若い僧は自分の連れが伝通院の覚山上人だと知ると、学寮で学びたいと申し出てきた。若い僧の所作からその才を見抜いた覚山上人は入寮を許可し、かくして澤蔵司は学寮で学ぶことになった。

澤蔵司は入寮すると非凡な才能をあらわし、皆の関心を寄せた。が、あるとき寝ている澤蔵司に狐の尾が出ているのを同僚の僧に見つかってしまい、上人に自分に短い間ではあったが、仏道を学ばせてもらったことを感謝し、学寮を去った。

その後一年ほどは、近隣のに住み、夜ごと戸外で仏法を論じていたという。

澤蔵司と蕎麦[編集]

澤蔵司は僧であった頃蕎麦を好んで食べていた。澤蔵司がひいきにしていた蕎麦屋では、澤蔵司が現れた日、銭に必ず木の葉が混じるので怪しみ、ある晩店の男は蕎麦を買った澤蔵司をつけて行くと、森の中に蕎麦を包んだ皮が散らばっていたという。また、この出来事から店の男が澤蔵司は狐だと感づき、それが原因で澤蔵司は上人に自分が狐であることを打ち明けたと言う説もある。

現在でも澤蔵司がひいきにしていた蕎麦屋(稲荷蕎麦萬盛)は残っている。

備考[編集]

外部リンク[編集]