澎湖神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
澎湖神社
Hoko Shrine.JPG
所在地 台湾澎湖庁馬公街文澳
主祭神 能久親王
大国魂命
大己貴命
少彦名命
社格 県社
創建 1928年(昭和3年)
テンプレートを表示

澎湖神社(ほうこじんじゃ)は、日本統治時代台湾澎湖庁馬公街文澳(現 澎湖県馬公市)にあった台湾の神社である。

祭神[編集]

社格県社で、能久親王大国魂命大己貴命少彦名命を祭神としていた。

歴史[編集]

1928年昭和3年)11月8日に鎮座され、1934年(昭和9年)7月23日に神社に昇格した。1938年(昭和13年)11月29日、県社に列格した。

戦後、鳥居や社殿が改修されて、澎湖忠烈祠となった。その後、西側の隣接地に新たに忠烈祠が建立された際、すべての建造物が解体され、境内は更地となり、現在では運動場・体育館となっている。