漬物ステーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

漬物ステーキ(つけものステーキ)は、岐阜県飛騨地方の郷土料理。飛騨地方では漬けステとも呼ばれている[1]

飛騨地方の居酒屋では人気の定番メニューである。

概要[編集]

飛騨地方では昔から漬物を焼いて食べる習慣があった。極寒の冬の貴重な食料であった漬物が野菜としての役目を果たしており、凍りついてしまった漬物を解かすために囲炉裏朴葉に載せて焼いた料理法が始まりである[2]。また、古くなってしまった(熟成が進んだ)漬物の再利用という面もある。一般的には白菜の漬物を用いることが多く、このうち、卵がまじったものは特に美味とされる[3]

作り方[編集]

基本的な作り方は以下の通りである[4]

  1. フライパンまたは鉄板、多めの油を引き漬物を焦げ目がつくまで炒める。
  2. 醤油や味噌などで味を調えたら真ん中に寄せて溶き卵でとじる。
  3. 好みで、鰹節、紅しょうが、七味唐辛子をふる。

卵の代わりに朴葉味噌を焼いて合わせる[1]、刻み海苔を振りかける、カツオ出しの天つゆを加える、サバの水煮を入れるなど、バラエティに富む[2]

その他[編集]

  • 以前は赤カブの漬物を使ったものが主であったが、徐々に白菜の漬物(浅漬けないしは成熟したもの)を使用したものが主流になっている。

参考[編集]

出典・脚注[編集]