演神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

演神』(えんじん)は、藤澤勇希による日本漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された。ただし、単行本双葉社アクションコミックスレーベルより刊行されている。

映画俳優帝 恭志の怪演と型破りな仕事ぶりを描いた作品。全9話、前後編・前中後編を含む6エピソードからなる。

特徴としては、スクリーントーンを極力使わず、ベタとカケアミ・斜線を駆使して陰影を強調した画風が挙げられる。

登場人物[編集]

帝 恭志(みかど きょうじ)
本編の主人公。長身痩躯、ダークスーツとサングラスがトレードマーク。「クレージー」と評される程のコワモテの役者。演技以外では相手を問わず丁寧な口調で話す。
もっぱら悪役を得意とする俳優だが、役作りには妥協を許さずにリアリティを追求し、真に迫った演技を披露する。
セイ
帝のマネージャー。性別不明だがオカマっぽい口調で話す。テクノカットとザマス眼鏡が特徴。帝とは「恭志ちゃん」「セイさん」と呼び合う仲。
カズシ
帝の後輩。同じ事務所に所属する若手俳優で、帝の付き人も兼ねている。バンダナ(もしくはヘアバンド)とサングラスがトレードマーク。

書誌情報[編集]