滝田誠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年撮影

滝田 誠一郎(たきた せいいちろう、1955年[1] - )は日本のノンフィクション作家・ジャーナリスト[1]日本ペンクラブ理事(言論表現委員会委員長)。

経歴[編集]

東京都出身[1]青山学院大学卒業[1]

ビジネス世界を舞台にしたヒューマン・ドキュメンタリーを数多く手がける。[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦略出向・男たちの旅路』(1990年、二期出版)
  • 『新・雇用事情 Forエンプロイーサティスファクション24の施策』(1993年、経営書院)
  • 『会社ニモ負ケズ人生ニモ負ケズ サラリーマン10人の日々烈日』(1993年、講談社)
  • 『出向=ホワイトカラーたちの思愁期』(1994年、講談社)
  • 『男四十代を正面から生きる』(1994年、講談社)
  • 『FA(フリーエージェント)ビジネスマンマニュアル』(1995年、小学館)
  • 『自分のための仕事の選択 20代の転職・独立プログラム』(1997年、三天書房)
  • 『電脳のサムライたち 西和彦とその時代』(1997年、実業之日本社)
  • 『孫正義 インターネット財閥経営 ビル・ゲイツを超える日』(1999年、実業之日本社)
  • 『ネットビジネスの若き創造主たち』(2000年、実業之日本社)
  • 『ゲーム大国ニッポン神々の興亡 2兆円市場の未来を拓いた男たち』(2000年、青春出版社)
  • 『シリコンバレーの日本人起業家たち ハイテクベンチャーに賭ける夢と挑戦の記録』(2001年、ベストセラーズ)
  • 『テクノ・ヒーローの伝言 世界を制したメイド・イン・ジャパン』(2001年、小学館)
  • 『電網創世記 インターネットにかけた男たちの軌跡』(2002年、実業之日本社)
  • 『「ブログ」入門 50代にもよくわかる』(2005年、ベスト新書)
  • 『長靴を履いた開高健』(2006年、小学館)
  • 『人事制度イノベーション』(2006年、講談社現代新書)
  • 『ビッグコミック創刊物語 ナマズの意地』(2008年、プレジデント社)
  • 『65歳定年時代に伸びる会社』(2010年、朝日新書)
  • 『300年企業目指すソフトバンクの組織・人事戦略』(2012年、労務行政)
  • 『開高健名言辞典<漂えど沈まず> 巨匠が愛した名句・警句・冗句200選』(2013年、小学館)
  • 『IT起業家10人の10年』(2014年、講談社)

共著[編集]

  • 『一目でわかる人気スポーツのビジネス戦略図 プロ・アマスポーツ30種の今後の市場を読む』(1993年、日本実業出版社)共著:名村優理、磯野康孝
  • 『デジタル・ライフに強くなる』(2004年、講談社現代新書)共著:デジタル生活研究会

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Amazon.co.jp: 滝田 誠一郎:作品一覧、著者略歴
  2. ^ 講談社現代新書『人事制度イノベーション』著者プロフィールより。

外部リンク[編集]