滑川玉江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滑川 玉江
Tamae Namekawa
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-05-22) 1954年5月22日(65歳)
出身地 千葉県銚子市
ラテン文字 Tamae Namekawa
身長 180cm
体重 74kg
血液型 A型
選手情報
愛称 タマ
ポジション エース
指高 226cm
利き手
ブロック 286cm
 
獲得メダル
世界選手権
1978 女子バレーボール
テンプレートを表示

滑川 玉江(なめかわ たまえ、1954年5月22日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。

来歴[編集]

千葉県銚子市出身。中学1年のときにバレーボールを始める。

共栄学園高校を経て、1973年に日本リーグのヤシカ(当時)に入部。1977年、ヤシカの廃部とともに日本電気に全体移籍。

1978年に全日本入りを果たし、同年の世界選手権に出場、銀メダル獲得に貢献した。

国内では1979年の第10回実業団リーグ優勝、日本リーグ昇格に大きく貢献し、第13回日本リーグにおいて、スパイク賞とベスト6に輝いた。日本電気の大沢長蔵監督(当時)は「速さ、変化、馬力が持ち味でブロックにも威力がある」と評した[1]

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
市立第七中共栄学園高校ヤシカ(1973-1977年) → 日本電気 (1978-1981年)
  • 全日本代表 - 1978年
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1980年 - 第13回日本リーグ スパイク賞、ベスト6賞

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール1981年1月号臨時増刊 '81チームの顔 90ページ(日本文化出版刊)

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール1980年1月号臨時増刊 '80チームの顔 96ページ(日本文化出版刊)