渡辺道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 道子(わたなべ みちこ、1915年3月25日 - 2010年1月23日)は、東京都出身[1]の元弁護士。戦後初の女性弁護士で第二東京弁護士会に所属した[2]日本女性法律家協会会長、婦人少年問題審議会会長、中央労働基準審議会公益委員[3]日本キリスト教女子青年会(日本YWCA)理事長[4]などを務めた。2010年1月23日に肺炎のため死去した[4]。享年94歳。

日本社会党に所属し党婦人局長を務めた渡辺道子[5]は同姓同名の別人である[6]

発言[編集]

1956年(昭和31年)5月11日参議院法務委員会公聴会にて、死刑廃止に賛成する旨の発言を行っている[7]

1958年(昭和33年)11月4日衆議院地方行政委員会公聴会にて、警察官職務執行法改正案に対して反対する旨の発言を行っている[8]

1958年(昭和33年)11月4日の発言においては、「強力化された警察力というものは、その権利と自由を守ってやるのだと言って、他の国民の権利、自由までをも奪ってしまうことになるのではないでしょうか」と危惧する一方で、「最近の勤評ストやデモに見られる一部の団体の行き過ぎを、私ども国民は決して無条件には認めるものではございません」と述べている。

著書[編集]

  • 『わが家の法律相談』日本基督教団出版部、1960年、女性と生活シリーズ
  • 『新しい朝のひびき』ドメス出版、1992年

共編著[編集]

  • 『婦人法律講座 その2 (離婚と貸借とについての知識)』田辺繁子共著、民主教育協会、1961年、LDE教育選書
  • 『暮らしの中の法律』有泉亨三淵嘉子共編著、読売新聞社、1962年、暮らしの図書室

脚注[編集]