渡辺喜太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 喜太郎(わたなべ きたろう、1934年2月20日 - )は、日本の実業家である。麻布自動車株式会社会長。

概要[編集]

東京深川生まれ。[1]

東京大空襲で両親を失って戦災孤児になり、足利市の織物工場で7年間丁稚奉公をしたのち、1956年に22歳で麻布オートバイ販売の麻布小型自動車を開業。[2][3]

1964年に輸入車販売の麻布自動車産業を設立。1969年ごろから不動産業に本格進出し、1978年に社名を麻布建物に変更。[4]

最盛期にはハワイに6つの高級ホテル、港区に165か所の土地と建物、栃木県にゴルフ場「喜連川カントリー倶楽部」を所有。資産は55億ドルを数え、1990年にはフォーブス誌の世界の長者番付で6位にランキングされた。[5][6]

しかしバブル崩壊後、麻布建物の業績は急速に悪化し、2006年に倒産。負債総額は5,648億円にのぼった。渡辺も資産隠しのための強制執行妨害容疑で逮捕された。[4]

2015年現在は麻布自動車会長として講演活動などを行なっている。[1]

出典[編集]