渡辺三郎 (工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡辺 三郎(渡邊 三郎、わたなべ さぶろう、1880年明治13年)12月2日 - 1951年昭和26年)1月8日[1])は、日本の工学者実業家政治家工学博士貴族院勅選議員。旧姓・大河原[2]。「特殊鋼」の命名者[3]

経歴[編集]

群馬県碓氷郡松井田駅で、商業・大河原新七、野恵夫妻の三男として生まれる[2]群馬県尋常中学校第一高等学校工科を経て、1907年6月、東京帝国大学工科大学採鉱冶金学科を卒業[4]

大学卒業後、古河鉱業所 (株)(現古河機械金属)に入社し足尾鉱業所精錬課溶鋼係長に就任[5]1908年6月、実業家・渡辺福三郎、多満子夫妻の五女で従姉妹の那べと入夫縁組して渡辺と改姓[6]1911年3月、古河鉱業所を退職して、ドイツ帝国アーヘン工科大学に留学し、真鍮・黄銅の研究を行った[7]1915年5月、学位論文「銅―亜鉛合金の特性と熱処理による影響の研究」(ドイツ語)を提出したが、第一次世界大戦の影響で学位の正式認定は1925年2月となった[8]。1915年6月、妻の危篤の知らせを受けて急遽、陸路で帰国し、同月20日に東京の自宅に到着したが、妻は同月5日に既に死去していた[9]

1915年11月、日本特殊鋼合資会社(現大同特殊鋼)を設立して社長に就任。東京府荏原郡大森町(現大田区)に大森工場を建設して1916年4月に操業を開始した[10]。その後、日本鉄鋼協会会長、鉄鋼統制会評議員、大森工業学校長、東京帝国大学講師、工業品規格統制調査会、日本学術振興会委員、臨時物資調整局委員、電力使用合理化技術委員会委員などを務めた[11]

1946年9月4日に貴族院勅選議員に任じられ[12]交友倶楽部に所属し1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[11]

逸話[編集]

  • 刀剣収集家としても知られ、長男・誠一郎は相続した国宝・重要文化財の刀剣13口を、1991年東京国立博物館へ寄贈した[13]

親族[編集]

  • 養父 渡辺福三郎(実業家、貴族院多額納税者議員、実父・新七の従兄弟)[14]
  • 養母 渡辺多満子(叔母、実父・新七の妹)[6]
  • 義伯父 9代渡辺治右衛門東京渡辺銀行頭取、貴族院多額納税者議員、養父の兄、実父の従兄弟)[14]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1382頁。
  2. ^ a b #特殊鋼の父、21-22頁。
  3. ^ #特殊鋼の父、96頁。
  4. ^ #特殊鋼の父、24-38頁。
  5. ^ #特殊鋼の父、39頁。
  6. ^ a b #特殊鋼の父、42頁。
  7. ^ #特殊鋼の父、43、56頁。
  8. ^ #特殊鋼の父、56-60、80頁。
  9. ^ #特殊鋼の父、80-81頁。
  10. ^ #特殊鋼の父、97-102頁。
  11. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』179頁。
  12. ^ 『官報』第5895号、昭和21年9月6日。
  13. ^ #特殊鋼の父、314-318頁。
  14. ^ a b #特殊鋼の父、20-21頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 矢島忠正 『特殊鋼の父 渡邊三郎 : その生涯と日本特殊鋼』 里文出版、2005年ISBN 4-89806-221-0