清原淳平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きよはら じゅんぺい
清原 淳平
生誕 (1932-03-23) 1932年3月23日(86歳)
出身校 早稲田大学
職業 政策立案家 社会活動家

清原 淳平(きよはら じゅんぺい、本名非公開、1932年3月23日 - )は、東京都出身の社会活動家。公益財団法人協和協会専務理事、時代を刷新する会専務理事、新しい憲法をつくる国民会議自主憲法制定国民会議)会長[1]

経歴[編集]

大学〜西武時代[編集]

1956年早稲田大学社会科学課程卒業[2]1958年3月、同大学大学院商学研究科世界経済課程を修了して商学修士[2]。引き続いてその博士課程に進学[2]西武グループの創業者堤康次郎邸に付属する会長秘書室に勤務した[3]

堤の秘書を務めていた時期に、吉田茂岸信介に接する機会を得る。堤は吉田と岸を尊敬していて、月に1回程度、箱根の湯の花プリンスホテルで懇談会を催した。清原は、特に堤から指名され、これにほとんど同行した[3]

執筆活動[編集]

睡眠時間3時間ほどの生活が毎日続いたため、肋膜炎と診断され、西武を退職。療養生活を送りながら執筆活動に入る[3]。最初の著書「この教育をどうする―人間性崩壊への挑戦」を上梓した1973年当時、3人の子供がみな小学生であったため、学校で子供に影響が及ぶことを心配し、「清原淳平」のペンネームを用いた。以来、一貫してペンネームで活動を続けている[2]

岸信介との関連[編集]

1978年11月、岸から呼び出しを受け、岸が1974年に設立した「財団法人協和協会」が、実務執行者に人を得ず、本格活動に入れないでいるので、当団体の常務理事兼事務局長になってくれ、と委嘱される。清原は辞退したが、岸から「執行を任せる、私が後ろ盾になる」との言葉を受け、決意して就任する[3]

1981年、岸に財団法人協和協会の姉妹団体として、学者・技術者・教員など専門家によって構成される団体の設立を請願し、財団法人協和協会とは法人格を異にする「時代を刷新する会」を設立し、岸から執行を命ぜられる[3]。現在、専務理事を務める。

1979年1月、岸から、念願だった憲法改正の運動団体、「自主憲法期成議員同盟」と「自主憲法制定国民会議」の事務局も兼務してくれ、と委嘱される。財団法人協和協会の会員に政・財・官・学の有力者が150人ほど入会し、さらに300人までもってゆきたいので手一杯であることを伝えたが、「君なら出来るよ」とおだてられ、やむなく、この2団体の事務局を引き受けた[3]。「自主憲法制定国民会議」では現在、会長を務めている。

著書[編集]

  • この教育をどうする―人間性崩壊への挑戦(1973年12月 第一法規出版)
  • 人づくり世直しを考える(1976年10月刊、第一法規出版)
  • 憲法改正入門―第9条の具体的改正案を提示(1992年月 ブレーン出版)
  • なぜ憲法改正か⁉-反対・賛成・中間派もまず、読んでみよう!(2014年5月 善本社)
  • 集団的自衛権・安全保障法制-反対・賛成・中間派も内容がよく分かる!(2015年12月 善本社)
  • 岸信介元総理の志 憲法改正(2015年5月 善本社)

寄稿[編集]

  • 刑法改正草案に対する批判について思う(時の法令 1973年1月3日号)
  • 学校経営における人間関係の特殊性(学校経営 1974年3月〜8月号連載 第一法規出版)
  • 現在にどう生かす「老子」の思想(今月の寺 9月号[いつ?] 三才ブックス出版)

脚注[編集]

  1. ^ “第1部 50年代の攻防<3> 大衆の熱気 経済へ”. 東京新聞. (2013年4月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kenpouto/list/CK2013042102000167.html 2014年9月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d 清原淳平(きよはら じゅんぺい)履歴”. 新しい憲法をつくる国民会議. 2014年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 世界日報 2010年1月25日・1月26日掲載記事 (PDF)

外部リンク[編集]