深江真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

深江真一(ふかえ しんいち、1972年6月19日 - )は大阪府摂津市出身のバスプロ。現在はアメリカのFLWというブラックバスのトーナメント団体のツアーをモーターホームで転戦している。

来歴[編集]

  • 1990年、サラリーマンをしながらバスプロとして活動を始める。
  • 2001年、TIFAより自身がプロデュースしたロッド、「TAPER DESIGN Fuka-Shin Shake」が発売。
  • 2002年、TAPER DESIGNのROCK-ONシリーズから、自身が担当した65 STRUCTUREが発売。
  • 2003年、JBワールドシリーズ年間優勝、バサーオールスタークラシック優勝を獲得。
  • 2004年、アメリカへ渡りFLWに参戦。参戦一年目にしてアングラーズ・オブ・ザ・イヤーを獲得。
  • 2005年、FLWに加え、B.A.S.S.のオープン戦にも参加。
  • 2006年、前年度参加していたB.A.S.S.への参加をやめ、FLW一本に絞る。
  • 2011年、自身がプロデュースしたロッド、メガバス オロチX4 F6-71X4、トマホークGTA F4・1/2-711GTAが発売。
  • 2012年、メガバス オロチX4 F4-65X4、F2・1/2-64X4、F3・1/2-66X4S、F4-68X4S、F5-70X4Sが発売。
  • 2013年、PAA(プロフェッショナル アングラーズ アソシエーション)で、日本人としては初めてのアングラーオブ ザイヤー。


概要[編集]

日本のJB時代には、ライトリグの名手として活躍していたが、田辺哲男曰く、パワーフィッシングもうまいとの事である。[1]また、ひょうきんな性格をしているがアメリカに行ってさらにひょうきんになったと田辺は語っている。[1]

渡米する前年の2003年には、JBワールドシリーズの年間優勝、バサーオールスタークラシック優勝と快挙を果たし、翌年のFLWツアーでは、アメリカ初参戦にもかかわらずアングラーズ・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

アメリカでの獲得賞金は、2010年8月現在、大森貴洋に次ぎ二番目に多い$771,000獲得している。[2]

また、バスプロにしては珍しく、釣り番組以外の番組にもいくつか出演しており、世界バリバリ★バリューグッと 地球便[3]などに出演した。

スポンサー[編集]

出演作品[編集]

VHS[編集]

  • CAST(APS)
  • 深江真一 BASSER ALLSTAR CLASSIC 2003(つり人社)

DVD[編集]

  • 深江真一 TRUEバスフィッシング FUKAE式 (地球丸)

雑誌・連載[編集]

  • 深江真一 バッシングモンキー(Rod and Reel、地球丸) 2009年3月26日 - 2011年3月26日
  • フカシンガッツ!(Basser、つり人社)

出演番組[編集]

逸話[編集]

  • アメリカのケロッグコーンフレークのパッケージに深江の写真が使われたことがある。[3]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 爆釣ch
  2. ^ [1]
  3. ^ a b グッと 地球便 #120「アメリカ/ジョージア州」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]