深川忠次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深川 忠次(ふかがわ ちゅうじ、1871年2月21日明治4年1月3日) - 1934年昭和9年)2月23日)は、日本の実業家政治家深川製磁創業者、元有田町長。有田焼の輸出を進め、パリ万国博覧会金賞金牌やセントルイス万国博覧会一等賞金牌を受賞。

人物・経歴[編集]

佐賀県有田町出身。東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。1894年に深川製磁を設立。ヨーロッパ人陶磁器愛好家の好みに合わせてアレンジした大花瓶を、1900年のパリ万国博覧会に出展し金賞受賞。同年よりボールトン・アンド・ワット代理店としてヨーロッパでの販売展開を進めた。1911年に深川製磁を株式会社化する。1923年有田町[1][2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 「深川忠次」デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 「深川製磁」日本貿易振興機構
  3. ^ 博報堂コンサルティング『経営はデザインそのものである』113 ページ
  4. ^ 「スペシャルコラム」りそなカード