淡河定範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

淡河 定範(おうご さだのり、天文8年(1539年)? - 天正7年9月10日1579年9月30日)?)は、戦国時代の武将。播磨国淡河城主。官途名弾正忠。「淡河」の読みは、あわがおごうなどの説もある。

別所長治の義理の伯父にあたる人物で、備前江見氏から淡河氏の養子に入った。天正7年(1579年)6月27日には敵軍中に牝馬を放つ奇襲作戦[1]羽柴秀長を破った。その後の定範の消息は、天正7年9月10日(1579年9月30日)に、羽柴勢に敗れ自刃したという戦死説(『別所長治記』、『陰徳太平記』などの記述から)と、その後も生き延びたという生存説(毛利輝元が家臣の井原元尚に宛てた書状の、「弾正殿御事、今御逗留に候」という記述から)などがあり、消息ははっきりしていない。

出典[編集]

  1. ^ 奈良本辰也監修『図説戦国武将おもしろ事典』三笠書房 1990

関連作品[編集]

  • 漫画 『豊臣秀吉 勇将録』 戦国武将列伝特別編集(リイド社、2009年) 第5話 播磨軍記(荒木俊明)

外部リンク[編集]