海野幸親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
海野幸親
時代 平安時代末期
生誕 永治2年(1142年
死没 寿永3年1月21日1184年3月5日
別名 小太郎、行親、幸直
官位 信濃左衛門尉左馬頭
氏族 海野氏
父母 父:海野広道
兄弟 幸通幸親
海野幸真の娘?
幸広幸長幸氏

海野 幸親(うんの ゆきちか)は平安時代末期の信濃国武将滋野行親(しげの の ゆきちか)と記されることもある。

概要[編集]

海野氏の祖とされることもある海野広道(廣通)の次男。源平合戦前後に活躍し、『平家物語』に木曾義仲侍大将として子の幸広や幸氏と共に登場する。『保元物語』に「宇野太郎(海野太郎)」として登場した人物とされ、信濃国の名族滋野氏の嫡流とされる海野一族の初見となった。

出身は中原氏中原広季の子)で、義仲の乳母父中原兼遠と兄弟で初めは中原兼保(なかはら の かねやす)と名乗ったという説や、木曾義仲四天王の一人根井行親と同一人物とする説があるなど、不明な点が多い。

兄の幸通の跡を継いで海野氏の当主となり、保元2年(1157年)の保元の乱では、300騎を率いて源義朝の下に参じた。寿永2年(1181年)の木曾義仲の挙兵に呼応して、横田河原の戦いに参戦している。そのまま義仲に従って上洛し、寿永2年(1183年)の備中水島の戦いで嫡男の幸広が平教経と戦って戦死している。同年の法住寺合戦に参加。翌寿永3年(1184年)1月21日の粟津の戦いにて討死し、義仲らと共に七条河原で獄門にかけられた(延慶本『平家物語』)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]