海部壮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海部 壮平(かいふ そうへい、1847年弘化4年) - 1895年(明治28年))は、幕末の尾張藩藩士。藩の砲術師範であったが、弟・海部正秀とともに名古屋コーチンを作出したことで知られる。

家系[編集]