海老澤善一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海老澤 善一(えびざわ ぜんいち、1945年9月26日[1] - 2020年10月4日)は、日本哲学者愛知大学名誉教授ヘーゲルを専門とする。

概要[編集]

茨城県出身、東京で育つ。東京都立戸山高等学校卒業[2]。1968年京都大学文学部宗教学卒業。73年同大学院文学研究科博士課程満期退学、愛知大学教養部講師、助教授、文学部教授、副学長を歴任。2016年退任。愛知大学人文科学研究所客員所員。

2020年10月4日7時7分、肺癌のため、自宅で死去[3][4]。75歳没。

著書[編集]

  • 『存在・論理・言葉』梓出版社 1981
  • 『論理について』梓出版社 1988
  • 『哲学講義 見える世界と見えない世界』梓出版社 2002
  • 『ヘーゲル論理学研究序説』梓出版社 2002
  • 『対話ヘーゲル『大論理学』 存在の旅へ』梓出版社 愛知大学文學會叢書 2012
  • 『ヘーゲル『大論理学』』晃洋書房 哲学書概説シリーズ 2014
  • 『ヘーゲル論理学と弁証法』梓出版社、2016

共著[編集]

  • 『人はなぜ暴力をふるうのか 共同研究「暴力および暴力論」』田川光照常石希望高須健至竹中克英共著 梓出版社 2003
  • 『続・人はなぜ暴力をふるうのか 共同研究「暴力および暴力論」第2期』太田明、高須健至、田川光照、常石希望共著 梓出版社 2010

翻訳[編集]

  • 『ヘーゲルの「ギムナジウム論理学」』梓出版社 1986
  • 『ヘーゲル批評集』1-2 訳編 梓出版社 1992‐2000
  • ハンス・フリードリヒ・フルダ『ヘーゲル 生涯と著作』梓出版社 2013

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『ヘーゲル論理学と弁証法』著者紹介
  3. ^ 訃報:海老沢善一さん 75歳=元愛知大副学長、哲学専攻 - 毎日新聞 2020年10月6日
  4. ^ 海老沢善一氏死去 愛知大名誉教授 - 佐賀新聞LiVE 2020年10月6日

外部リンク[編集]