海江田準一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

海江田 準一郎(かいえだ じゅんいちろう、明治14年(1881年)10月23日[1] - 昭和10年(1935年)12月22日)は、貴族院多額納税者議員衆議院議員(1期)、陸軍歩兵少尉。

経歴[編集]

鹿児島県出身。明治39年(1964年)に慶應義塾大学法律科卒業。次いで陸軍少尉となる。

西市来村会議員を経て、日置郡米穀商同業組合長、海江田銀行頭取、明正社鹿児島化学研究所日本橋商事各取締役、東海化学工業監査役。

1914年(大正3年)9月7日、貴族院多額納税者議員となる[2]1920年(大正9年)の第14回衆議院議員総選挙にて鹿児島四区から選出され、政友本党に所属。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、34頁。
  2. ^ 『官報』第632号、大正3年9月8日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。