海女 (韓国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海女朝鮮語: 해녀:ヘニョ、英語: Haenyo)は、大韓民国(韓国)において、に潜って貝類海藻を採集するを(専業あるいは兼業で)職業とする女性である。17世紀の書物では「潜女(Jam-Nyeo)」として記述されている[1]

済州島の海女が特に知られる。済州島での素潜り漁の記録は5世紀に遡るが、その当初は男性の仕事であった[2]。女性による素潜り漁が一般化したのは17世紀に入ってからであり、18世紀には男性の海人を上回ったとされる[2]1879年に日本海女による朝鮮半島沿岸への出漁が始まっていたが、1895年には済州島海女も朝鮮本土へ進出、やがて出稼ぎ先は中国ロシア沿海州日本へと広がった[3]1970年には14000人を超えたが、高齢化で年々減少、2012年末で4574人となった。8割が60歳以上であり、男性の海人を含む潜水漁業従事者の所得向上や操業環境改善が計画されている。済州島の海女は三重県鳥羽市石川県輪島市海女を訪ねる日韓交流を続けており[1][4]、また三重県の海女が済州島海女の祭典に参加したことが伝えられている[5]

済州海女文化には、海女の技術をはじめ海の生態環境に適応して蓄積された長い経験や知識、海女の安全を祈願する儀礼などが含まれるとして、2012年に韓国の無形遺産として登録された。さらに、済州島を中心とする海女文化は韓国の代表的な無形遺産であるとして、韓国政府2013年12月、国連教育科学文化機関無形文化遺産への登録を申請することを決めた[6]

2009年放映のテレビドラマタムナ 〜Love the Island〜」のように、文芸作品でとりあげられたことがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「『海女』争い、韓国が先行 ユネスコの無形文化遺産登録」 朝日新聞、2013年12月22日、2014年1月18日閲覧
  2. ^ a b 横山哲朗『海女の生理学』(労働の科学、1966)
  3. ^ 菅原洋一「韓国済州島の海女文化」2012年8月27日 (PDF)
  4. ^ 「済州の海女、8割が60歳以上」朝鮮日報、2012年2月20日
  5. ^ 鳥羽市長のページ 木田市長のど~んとコミュニケーション vol.72 チェジュ島ヘニョまつり訪問記 更新日2011年11月1日、2014年1月19日閲覧
  6. ^ 「海女文化 ユネスコ無形文化遺産への登録推進=韓国」 朝鮮日報、2013年12月20日、2014年1月18日閲覧

外部リンク[編集]