海の仙人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海の仙人』(うみのせんにん)は、絲山秋子の長編小説。芸術選奨新人賞受賞。芥川賞候補にもなった。

あらすじ[編集]

宝くじで巨額の金を手にし東京のデパートを退職した男が、海辺に住む。ファンタジーと名乗る男が現れたり、キャリアウーマンと恋に落ちたり、かつての仕事仲間と旧交を温めたりするが、彼には克服しなければならない性的トラウマがあった…。

登場人物[編集]

書籍情報[編集]

評価[編集]

  • 福田和也は文庫本の解説で「我々は偉大な作家の出現に立ち会っている」と絶賛。
  • 小谷野敦アマゾン・ドットコムのレビューで、「川上弘美の亜流」などと酷評し、5点満点で1点という点をつけた。

関連項目[編集]