浜田吉治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜田 吉治郎(はまだ よしじろう、男性、1942年10月25日[1] - 2013年9月22日[2][3])は、日本の元アマチュアボクシング選手、指導者。東京オリンピック日本代表。元近畿大学ボクシング部総監督。

愛媛県松山市出身[2][3]

新田高校から近畿大学に進み、全日本選手権優勝[3]東京オリンピックウェルター級で出場、準々決勝に進出も、金メダルを獲得したマリアン・カスプルシクに敗れる。

引退後は近大ボクシング部でコーチ、後に総監督として現総監督の赤井英和やWBA世界スーパーフライ級王者名城信男らを指導、同部が不祥事で一時廃部になる2009年まで指導の場に立った[2]

2013年9月22日午前6時8分、心不全のため奈良県北葛城郡河合町の自宅で死去[2]。70歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]