淺利敬一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅利敬一郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
淺利 敬一郎
あさり けいいちろう
生年月日 (1945-06-29) 1945年6月29日(75歳)
出生地 中華民国北京
出身校 大阪教育大学
前職 豊中市教育長
所属政党 無所属
公式サイト あさり敬一郎のホームページです

Flag of Toyonaka, Osaka.svg 第21代-第23代 豊中市長
当選回数 3回
在任期間 2006年5月15日 - 2018年5月14日
テンプレートを表示

淺利 敬一郎(あさり けいいちろう、1945年6月29日[1] - )は、日本政治家、教育者。大阪府豊中市長(3期)。浅利敬一郎と表記されることもある。

来歴[編集]

中華民国北京生まれ。1969年(昭和44年)3月、大阪教育大学卒業。同年、寝屋川市立第一中学校の保健体育の教諭となる[2]

1980年(昭和55年)、大阪府教育委員会事務局に勤務。1998年(平成10年)、義務教育課長に就任。2000年(平成12年)12月、豊中市教育委員会教育長に就任。

2006年(平成18年)4月16日執行の豊中市長選挙で初当選した。

2018年(平成30年)5月14日の任期満了をもって退任[3]

政策[編集]

  • スローガン「子ども達の未来が輝くまちづくり〜響きあう豊かな心・支えあう地域の力」
  • 「教育文化都市」「安心安全都市」「市民自治都市」「持続発展都市」「自主自律都市」の5つの都市像を掲げ、「教育力」「地域力」「市民力」「循環力」「改革力」を原動力としながら、まちづくりを進める

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
19-20代:一色貞輝
Flag of Toyonaka, Osaka.svg 21-23代 豊中市長
2006年 - 2018年
次代:
24代:長内繁樹